スウェーデンの教科書に書かれた子どもの育て方が話題に!「・・すると・・をおぼえる」

公開日:
スウェーデンの教科書より

スウェーデンの中学校の教科書に書かれている子どもの育て方が話題になっています。

そこには一体どんなことが書かれていたのでしょうか?

「スウェーデンの教科書より」

スウェーデンの教科書より

  • 批判ばかりされた子どもは非難することをおぼえる
  • 殴られて大きくなった子どもは力にたよることをおぼえる
  • 笑いものにされた子どもはものを言わずにいることをおぼえる
  • 皮肉にさらされた子どもは鈍い良心の持ち主となる
  • しかし、激励をうけた子どもは自信をおぼえる
  • 寛容であった子どもは忍耐をおぼえる
  • 賞賛をうけた子どもは評価することをおぼえる
  • フェアプレーを経験した子どもは公正をおぼえる
  • 友情を知る子どもは親切をおぼえる
  • 安心を経験した子どもは信頼をおぼえる
  • 可愛がられ抱きしめられた子どもは世界中の愛情を感じとることをおぼえる

もしかしたら自分に当てはまった事項もあるかもしれないし、家族や友人にここを当たりがある事項があったかもしれません。

自分が親の立場になるとよりその意味がわかる気がします。

子どもに辛くあたってしまったとき、少し言いすぎてしまったとき、これらのことを思い出して冷静になってみてもいいかもしれませんね。

みんなの反応


こんな記事も読まれています!


関連記事

新着記事一覧

人気記事ランキング

ページ上部へ戻る