LINE Payカードの作り方!コード決済できないお店でもLINE Payで支払いする方法!

公開日:
20190917_190917_0002

コード決済が徐々に使えるお店が増えてきましたが、まだまだ使えないお店の方が多い状態。

そんなコード決済が使えないお店でも、LINE Payなら専用のカードを使えばLINE Pay残高でお買い物ができちゃうんです。

この記事では、LINE Payカードの発行方法を紹介します。

LINE Payカードとは?

LINEPayカード

※LINE Payカードを発行するには、LINE Payへの登録が必須条件です。

LINEが無料で発行している、クレジットカード感覚で利用できるカード。LINE Payカードでお買い物するとLINE Payの残高から支払いすることができます。

クレジット機能はなく、LINE Payのチャージ金を使うので、審査や年会費などはありません。

JCBのクレジットカードが使えるお店ならどこでも使用可能なので、コード決済が使えないお店で使うことができます。

LINEPayカードの作り方

それでは、LINE Payカードを作ってみましょう。

LINEの【ウォレット】を開き、残高をタップします。

ウォレットを開く

緑のカードの下の部分をタップ。

緑のカード

ここで【プラスチックカードを申し込む】をタップ。
※バーチャルカードについては後ほどご紹介してます。

申し込み

カードデザインを選びましょう。全部で5種類です。

デザイン選択

個人情報を入力していきます。まずは名前を入力。

名前を入力

カード配達先の郵便番号を入力。

郵便番号を入力

住所が途中まで自動的に入力されているので、足りない情報を入力。【申し込み確定】で完了です。

住所入力

発行までに1~2週間程度かかるようです。

バーチャルカードとは?

バーチャルカード

先程で出てきたバーチャルカードは、オンライン決済でLINEPayで支払いしたい時に使うカードのことで、バーチャルカードに書いてある数字12桁をクレジット決済画面で入力するとLINEPayの残高から支払いしてくれます。

プラスチックカードの作り方

バーチャルカードを発行してしまっている人は、JCBのクレジットカード風の絵柄が出てくるので、真ん中の【プラスチックカード】をタップ。

スマホ画面

すでにオンライン決済でバーチャルカードを使用している人は、プラスチックカードが届くまでバーチャルカードは使えないようなので注意!

注意

あとはLINE Payカード発行手順と同じです。

カード選択

LINE Payカードが届いたら

LINE Payカードを申し込んで1週間くらい経ったらLINEに発送のメッセージが届きました。
その後2~3日には、我が家のポストにカードが入ってました。

発送通知

受け取ったらまずは、利用開始手続きをしましょう。

カードがついているQRコードを読み込む。

QRコード

カードについているお客様番号を入力。

お客様番号入力

ここで4回間違えると手続きができないので要注意です。

お客様番号

完了したらスマホ上のカードのデザインも変わりました。

スマホ上カード

完了通知もちゃんと届けば利用開始手続きが無事完了です。

利用開始手続き完了

LINEPayカードにチャージする方法

今回はセブン銀行のATMでチャージしてみました。

セブン銀行ATM

まずは、LINEPayカードをATMに入れる。

linepayカード入金

ATMで【ご入金(チャージ)】を選択。そしてチャージしたい金額をATMに入金する。

チャージ

これでチャージ完了です。正常にチャージ完了すると、LINEでメッセージが届きます。

チャージ完了

LINE Payは、ポイントも貯まるし使えば使うボーナス程還元率も変わります。LINE Payカードとコード決済とうまく使い分けると財布もいらなくなるし、普段のお買い物がさらにお得になります♪

無料で審査なしで発行できるLINE Payカード、是非発行してみてね。


こんな記事も読まれています!


関連記事

新着記事一覧

人気記事ランキング

ページ上部へ戻る