彼氏とのドライブデートでガソリン代は割り勘すべき?疑問を解決!

公開日: 更新日:
drivedate-gusdai

彼氏とのドライブデートでガソリン代は割り勘すべき?

近年ガソリン代はどんどん上がってるし、移動距離によっては一回のドライブデートに何千円というガソリン代が発生します。一体どうしたら良いでしょうか?

今回は、そんな気になる疑問を解決していきましょう!

近場なら割り勘する必要なし

道路

近場のドライブデートなら特にガソリン代を気にする必要はありません。消費してるガソリンの量も把握できないし、大して気になる金額でもないです。

ただし、「運転お疲れさま!」「運転してくれてありがとう!」と缶コーヒーをあげたり、食事のときデザートをおごってあげるなど感謝の気持ちを伝えることは大切です。

そういった小さな気配りや感謝の気持ちが持てる女性は彼も大事にしたくなります。

長距離移動なら基本的には割り勘する

ガソリンメーター

移動時間が90分を超えるような長距離移動になる場合は、基本的にはガソリン代は割り勘にしましょう。ガソリンを入れるときに「半分払うね!」と彼にお金を渡せばOKです。

もしも『いいよ、払わなくて』『ガソリン代はオレが出すから大丈夫』『▲▲円だけもらえればいいよ』と言ってくれたら、ここで初めて割り勘じゃなくなります。お言葉に甘えましょう。無理に渡す必要はないです。

ただし、その場合も先程と同じように感謝の言葉と御礼のジュースやデザートをプレゼントしておきましょう。さらに休憩のときに肩を揉んであげたり、ギュッとハグをしてあげると彼はとても喜びますよ。

ガソリン代を払う意思を見せるのが大事

ドライブデート

結果的にガソリン代を払うにしろ払わないにしろ、彼女から「ガソリン代出すね」という言葉を出すのが大事です。

食事代やデート代と違って、そもそもドライブデートに”ガソリン代”がかかっていること自体気付いてない女子もかなり多いです。かと言って男性からガソリン代は請求しづらいものです。非常にケチくさいですからね。

「奢ってもらうのは当たり前じゃない」という気持ちがあるだけで、彼は律儀な彼女に対して非常に好印象を抱きます。

奢ってもらって当たり前だと思っている女子と、奢ってもらうのは当たり前じゃないと思っている女子。男性がどちらに奢ってあげたくなるかは明白です。ガソリン代だけに限らず、ドライブデートでトータル的に得しますよ。

一緒に読みたい記事



関連記事

ページ上部へ戻る