好きな男性への誕生日LINEの送り方!男が喜ぶメッセージの作り方!

公開日: 更新日:
hbdline-okurikata

この記事を執筆・監修した人

編集長プリプラ編集長

プリプラの編集長。これまで様々なwebサイトで1万を超える記事を作成してきたライター実績。あらゆるジャンルで多彩な知識を持つ。

記事一覧

好きな男性にお誕生日おめでとうのメッセージを送りたい。でも、どうやってどんなメッセージを送ったらいいかわからない・・!

そんな女性のために、気になる男性への誕生日LINEの送り方とメッセージの作り方のコツを紹介します!

最終的には彼の誕生日をきっかけにして、自分の気持ちをアピールしちゃいましょう!!

誕生日LINEの文章構成

気になる男性への誕生日LINE

どんな誕生日メッセージを作成したら良いか悩んでしまう場合は、どんな文章構成が良いか知っておきましょう。これを知っておくだけで、圧倒的に文章が作成しやすくなります。

決まった正解はもちろんないですが、このような構成がオススメ。

  • 【a】誕生日を祝う文章
  • 【b】日頃の感謝や伝えたいこと
  • 【c】〆の一言

この3部構成でOKです。具体的にはこのようになります。

【a】誕生日を祝う文章

「○○君誕生日おめでとう~」とシンプルな文章でいいでしょう。

これ以上以下もありません。

【b】日頃の感謝や伝えたいこと

ここが一番大事です。実質考えなくてはならないのはここだけです。

○○君と同じ年代に生まれて良かった!○○君のお父さんとお母さんにも感謝だね!

○歳になった○○君とは、今まで以上にもっと仲良くなりたいな!

○○君の大事な日をお祝いできて私も幸せ!

例文は割とありきたりな文章ですが、このような彼に好きな気持ちをアピールできる文章がいいですね。男性は鈍感な人が多いので、ストレートに伝わる表現の方が丁度良いです。

ここで気持ちを表現できないようでは、今後も進展のチャンスを逃し続けてしまう可能性が高いです。

【c】〆の一言

そこまで難しく考える必要はありません。

○○君にとって良い一年になりますように。

明日また学校(大学・会社など)でね~!

おやすみなさい。

このような簡単な〆の一言でOKです。

誕生日LINEのポイント

気になる男性への誕生日LINE

【1】誰よりも早くおめでとうLINEを送る

誰よりも早くメッセージを送るということは、より0:00に近い時間に送るのが良いということです。

誕生日を覚えてくれててメッセージを受け取っただけでも嬉しいのに、一番最初にメッセージをくれた人に対しては、感謝の気持ちと嬉しい気持ちは倍増。それが家族や同性でない限り、一番初めにメッセージをくれた人への印象は大きく残ります。

夜遅い時間ですが、この日に「こんな時間にLINEしてくんなよ」と思う人は居ません。もしそう思われたのなら、残念ながら誕生日でなくても何時にLINEしてもウザがられる存在であるということになります。

【2】長文ではなくシンプルに

誕生日を祝うためのメッセージを作っていると、つい長文になってしまいがち。

でも、男性は長文であればある程、めんどくさいという気持ちから流し読みになりやすくなってしまうのも事実。あれもこれも書くよりも本文はなるべくシンプルに。そして書きたいことはできるだけ厳選して、長文にならないように注意しましょう。

シンプルで読みやすい方が気持ちは伝わります。

【3】絵文字と顔文字で可愛く表現

あなた自身のキャラクターや印象によって使う量は変わりますが、絵文字や顔文字で可愛いメッセージになるよう心掛けましょう。

普段一切絵文字や顔文字を使わない人でも、この時ばかりは是非使ってみましょう。むしろ普段使わない人ほど効果は絶大!特別なメッセージだからこそ、そのギャップが嬉しさを増大させます。

絵文字が適量あれば十分なので、ゴリゴリにメッセージをデコる必要はありません。

男が喜ぶ要素はこの2つ

気になる男性への誕生日LINE

なんかアピールがメインになって、「どこに男が喜ぶ要素があるの?」と思ってしまうかもしれませんが、そこはきちんとクリアしています。

そもそも男性にとっては、誕生日当日にLINEでお祝いメッセージをくれたこと。自分に気持ちがあると伝わったこと。この2つで十分嬉しいと感じています。

これ以上に喜ばせようと思ったら、あとは実際にモノや形でプレゼントを贈るしかありません。

相手に気を遣ってしまう女性ほど、なかなかアピールができない傾向にあります。遠慮すればするだけ、自分にとっては損なのです。

彼の誕生日は一年に一度のチャンス。好きな彼へのお祝いを利用して、一つのきっかけ作りの場としても活用しましょう!!


こんな記事も読まれています!


関連記事

新着記事一覧

人気記事ランキング

ページ上部へ戻る