結婚したら家庭的になる男子の特徴7パターン!男が家事・育児をやって当たり前!

公開日:
kateiteki-danshi

昭和の時代は「亭主関白」という言葉があったけど、現代では「育メン」「主夫」「料理男子」という言葉も出てくるほど、男性が家事・育児をやるのは当たり前の時代になりました。

でも、いくらこんな良い風潮があったって、実際に自分の彼が家事・育児をやってくれるかは別の問題!!

そこで、結婚したら家庭的になる男子の特徴を紹介していきましょう。

あなたの彼や気になる彼が何個当てはまっているかチェック!!



結婚したら家庭的になる男子の特徴

家庭的な男子の7つの特徴

【1】いつも低姿勢

女性や子供に対してだけでなく、公共の場など誰に対しても低姿勢な男性は、いわゆる優しい人。

パートナーである女性のことを気遣い、率先して家事を手伝ってくれます。

【2】子供が大好き

子供が大好きな彼なら、子供と積極的に関わってくれるので自ずと育児にも積極的です。

【3】結婚後のことを話題に出してくる

結婚するということは「結婚したら○○に住んでー」「○○歳で子供産んでー」「○○にも毎年行こうねー!」なんて楽しい想像だけはなく、住まいのことやお金のことなど現実的な本当に細かい部分まで真剣に考えなくてはいけません。

理想ではなく結婚後の未来のことをしっかり考えて話題に出してくれる男性は、家庭のことを第一に考え行動してくれます。

【4】お父さんが家事をするタイプ

育ってきた環境が人間性を決めると言っても過言ではありません。特に、男はお父さんの背中を見て育ちます。

男性のお父さんが家事を進んで手伝うタイプなら、男が家事をやるのは当たり前という認識があるし、逆にお父さんが亭主関白タイプなら女が全て家事をするものだという認識が植え付けられます。

亭主関白タイプの彼の場合、これを覆すのはなかなか難しいかも…。

【5】妹がいる

男性の兄弟構成が妹の場合、お兄ちゃんとしての役割を果たしてきた分、女性を助けてあげる能力が育ちます。年が離れていれば離れているほどそれは大きくなります。

女性に対して優しい一面だけでなく、育児にも積極的に協力してくれます。

逆にお姉ちゃんだと、お母さんにプラスしてお姉ちゃんが何でもやってくれたので、彼が何もできない可能性があります。

【6】一人暮らしの経験がある

一人暮らしの経験がある男性なら、掃除・洗濯・料理など全てを一通りこなした経験があるのでスムーズに家事を行うことができます。

家事をやってくれることのありがたみもわかっているので、きっと進んで家事をこなしてくれるでしょう。

【7】飲食店でバイトをしていた

飲食店のバイトは本当に忙しいです。
特にキッチンは仕込みから始まり、営業中は料理を作って大量のお皿を洗ってと大忙し。

そんなところでバイトをしていた男性はテキパキとした動きが身についているうえ、料理ができます。バイト先がチェーン店でレシピが簡易化されていたとしても、包丁使いやある程度基本的な知識は備わっています。

今流行りの”料理男子”である可能性が高いのです。

ダメ男にしないように気をつける!

家庭的な男子の7つの特徴

ただし、いくら家庭的な彼だったとしてもあなたが彼をダメ男にしてしまうことだってあるのです。

それは、あなたが一人で全てやってしまうことです。

あなたが全て一人でこなしてしまえば、彼はあなたが全てやるからいいやと何もやらなくなってしまいます。

結婚をすれば、家事・育児は夫婦二人で協力して行うものです。彼に悪いからとあなた一人でやってしまうのではなく、頼れるところは頼って、甘えるところは思いっきり甘えちゃいましょう!もちろん頼りっきりでは彼に大きなストレスと負担を与えてしまうので、程良く使い分けてくださいね。


こんな記事も読まれています!


関連記事

新着記事一覧

人気記事ランキング

ページ上部へ戻る