可愛げのない女子の特徴10パターン!可愛げのない女子は損をする!

公開日: 更新日:
可愛げない女子

「あなたって本当可愛げがないわね」「お前って可愛げねーな」「○○ちゃんって可愛げがないよね」こんなことを言われたことのある女性はいるでしょうか。

言葉の意味はわかるような気もするけど、一体みんなが言う可愛げって何??

この記事では、可愛げのない女子の特徴や可愛げのない女性が被るデメリットを紹介していきましょう。

可愛げとは?

「可愛げ」という言葉の意味は「可愛らしさ」「可愛いと思わせるところ」を指しますが、一般的に可愛らしさとは外見ではなく話し方や接し方だったり、相手に対する思いやりや謙遜だったり、表情や仕草など内面に関わることを指すことが多いです。

可愛げのない女子はこんな損をする

損をする女子

可愛げのない女子にはこんなデメリットがあります。

  • 苦しい状況でも助けたいと思われない。
  • 親切にされにくい。
  • 何かをあげたいと思われない。
  • 食事をごちそうしたいと思われない。
  • 外見までブサイクだと錯覚される。
  • 話すことを敬遠される。
  • 協力的になろうと思えない。
  • 友達として仲良くなろうと思えない。
  • 陰口を叩かれる対象になる可能性がある。

特に男性からは顕著にこのデメリットを受けます。可愛げない女子に対して男性からの対応は結構厳しいです。

これだけ見ると単なる”いじめ”の対象みたいに思ってしまうかもしれませんが、全てが同時に起こるわけではありません。普段何気なく接してる人でも、どこかに一つでもこの感情が芽生えてる可能性があるということです。

可愛げのない女子の特徴

可愛げのない女子の特徴

【1】素直じゃない

本当は嬉しいはずなのに喜ばない。辛いはずなのに平然とした態度をして強がる。素直になれない態度こそ、相手に心を開いていないと思わせてしまいます。

【2】愛想が悪い

無愛想な表情や態度はそっけないイメージを持たれてしまいます。人と接するときこそ表情豊かに笑顔でいることが大切です。

【3】挨拶の返事がない

「おはよう」「お疲れ様」挨拶をしているのに、その返事がない女性に可愛げを感じるはずがありません。笑顔で会釈するならまだしも、ニコリともせず頭を下げるだけでは全く返事になっていません。人として挨拶をすることは当たり前の礼儀です。

【4】お礼/謝罪がない

何かをしてあげたのに「ありがとう」がない。何かミスをしてしまったのに「ごめんなさい」「すみません」の一言ない。当たり前の一言が言えるか言えないかはとても重要です。

【5】プライドが無駄に高い

自分がミスしたり、間違っていたりすることを素直に認められない。負けず嫌い。頑固で融通がきかない。こんな態度の人と仲良くなりたいと思えるはずもありません。

【6】自分の非を認めない

自分がミスしたり、間違ったことを指摘しても「だって」「でも」「○○だと思っていたので・・」など自分の非を認められない人は相手にストレスを与えます。

【7】恥をかかせることを言う

自分では「論破した」「口論/議論に勝った」「見返してやった」と思っているのかもしれませんが、相手にとっては「負けた」というよりも反感を買っただけです。

【8】全く心を開かない

警戒心が強いからなのかはわかりませんが、相手に全く心を開かない人と仲良くなることはできません。

【9】甘えるのが下手

甘える=ベタベタする・あざとい・ずるいなんてことは全くありません。時には人を頼ることも大切です。頼られて嬉しい人もたくさん居ます。辛いときこそ助け合い、それが甘えるということです。

【10】言葉にトゲがある

言葉の節々にトゲがあることを言ったり、平気で相手を傷つけるようなことを言う人は、今後一切話したいと思えません。

まとめ

まとめ

今回は可愛げのない女子の特徴をズバリ単刀直入に、そして簡単にまとめてみました。どれが一つでも当てはまると周囲からは可愛げない女子認定をされている可能性があります。

心当たりがある場合は、今一度自分を見つめ直してみましょう。


こんな記事も読まれています!


関連記事

新着記事一覧

人気記事ランキング

ページ上部へ戻る