競馬場デートに女子はどんな服装で行ったらいい?おすすめコーデ!

公開日: 更新日:
中山競馬場

近年、人気デートスポットとして注目を浴びている競馬場。今や競馬場デートは流行になりつつあります。

でも、競馬をやったことがないカップル、競馬場に行ったことがないカップルにとっては未知の場所。あくまでも競馬場はギャンブルをするところなので、あまりイメージが良くない人もいるかもしれません。しかし、競馬場も東京競馬場(府中)を中心にテーマパーク化が進んでおり、ファミリーでもカップルでも非常に行きやすい環境が整っています。

この記事では、競馬場デートに女子がどんな服装で行ったら良いのか季節ごとに紹介します。

競馬は一年中開催されているので、季節ごとに紹介していきましょう。

競馬場デート女子のおすすめコーデ【夏】

トップス

競馬場は屋外スポットなので、あまり肌の露出が多くないほうがいいでしょう。露出の多い服装は結構日焼けしてしまうと思います。おすすめはTシャツです。動きやすくて肌の露出も多くないのでベストです。薄手のアウターを羽織るパターンもありです。

ボトムス

ミニスカートはなるべく控えましょう。競馬場でスタンドに座る場合、ベンチシートは段々になっており、いちいち隠さないと下着が見えてしまう可能性が高いです。基本的にはパンツスタイルがおすすめです。どうしてもパンツスタイルが嫌な場合は、ロングスカートなら問題ないでしょう。

競馬場は案外座るところがありません。競馬場内のベンチは競馬場好きのおじさんたちが新聞を広げて独占されています。基本的に立っていることが多くなります。駅から競馬場、スタンドから券売機、レストランからスタンドなど移動距離も長いです。ヒールや厚底のサンダルはかなり辛いでしょう。スニーカーなど歩きやすい靴がおすすめです。

また、土の上を歩くことはないですが、新品やブランドの絶対汚したくない靴もここでは控えておきましょう。

バッグ

手に持つタイプのバッグはおすすめしません。競馬場で馬券を買うときに片手が塞がっているとマークカードに記入ができません。ドリンクを飲みながらレースを観戦するときも邪魔になります。また、競馬場は移動が多くなるし、あくまでも賭博場なので置き引きなども油断できません。ショルダー、リュックタイプがおすすめです。競馬場は人が多いのでなるべくコンパクトにまとめましょう。

持っておきたいアイテム

基本的に競馬場は外でレースを観戦することになるので、紫外線対策や暑さ対策を忘れずに。

  • 日焼け止め
  • ハンドタオル
  • 帽子or日傘
  • 制汗スプレー
  • ボディシート
  • サングラス など

競馬場デート女子のおすすめコーデ【冬】

アウター

競馬場は屋外スポットなので、かなり暖かい格好で行くことを心掛けましょう。自分が持っているアウターの中で最も暖かいものをチョイスすることをおすすめします。風があるとさらに寒いです。

トップス

こちらも暖かいものをチョイスしましょう。動きづらくなければトップスに関しては特に注意することはありません。

ボトムス

冬にに穿くことはないと思いますが、丈の短いスカートはおすすめできません。競馬場でスタンドに座る場合、ベンチシートは段々になっており、いちいち隠さないと下着が見えてしまう可能性が高いです。基本的にはパンツスタイルがおすすめです。どうしてもパンツスタイルが嫌な場合は、ロングスカートなら問題ないでしょう。

競馬場は案外座るところがありません。競馬場内のベンチは競馬場好きのおじさんたちが新聞を広げて独占されています。基本的に立っていることが多くなります。駅から競馬場、スタンドから券売機、レストランからスタンドなど移動距離も長いです。ヒールや厚底のサンダルはかなり辛いでしょう。ヒールやブーツはおすすめできません。スニーカーなど歩きやすい靴がおすすめです。

バッグ

手に持つタイプのバッグはおすすめしません。競馬場で馬券を買うときに片手が塞がっているとマークカードに記入ができません。ドリンクを飲みながらレースを観戦するときも邪魔になります。また、競馬場は移動が多くなるし、あくまでも賭博場なので置き引きなども油断できません。ショルダー、リュックタイプがおすすめです。競馬場は人が多いのでなるべくコンパクトにまとめましょう。

持っておきたいアイテム

基本的に競馬場は外でレースを観戦することになるので、乾燥対策や寒さ対策を忘れずに。

  • ホッカイロ
  • リップクリーム
  • ハンドクリーム
  • マフラー
  • 手袋
  • イヤーマフ など

まとめ

競馬場デートは屋外スポットであること、移動距離(歩いている時間)が長いことを頭に入れておけば、大体自分でOK、NGの判断ができると思います。

彼に可愛い姿を見せることは大前提あるとしても、こういったことを考慮しないと時間が経つにつれて自分が辛くなってしまうかもしれません。



関連記事

ページ上部へ戻る