好きな人とLINEを続ける7つの基本テクニック!しつこくない、自然に続けるコツ

公開日:
line-continuation

ワクワクドキドキ—。

全然大した内容じゃなくても、好きな人とのLINEはすごく楽しいですよね。

好きな人からたった一通LINEが来るだけで元気が出ちゃうなんて人もきっと多いのではないでしょうか。だから少しでも多くLINEを続けたいと思うのは当然です。

そこで、誰でも簡単にできる好きな人とLINEを続ける7つの基本テクニックをご紹介します。

注意事項もあるので、きちんとチェックしましょう!

【1】スタンプだけ送るのは控える

好きな人とLINEを続ける7つの基本テクニック

セリフ入りのスタンプで会話が続くのは確かにおもしろいんだけど、下手するとスタンプを送った時点で返信が途切れてしまう可能性があります。また、ツッコミ待ちで送ったおもしろスタンプも、特に何も反応がなく悲しい結果になってしまう場合も多々あるので注意です。

スタンプを使うよりも、絵文字を使ったメッセージの方が可愛いメッセージになるので良いと思いますよ。

【2】深夜までLINEは続けない

好きな人とLINEを続ける7つの基本テクニック

夜遅くなればなるほどLINEを続けたくなっちゃうのはわかるんですが、ある程度早めに寝落ちしたことにする方が良いでしょう。次の日も「おはよう^^ごめんね昨日は寝ちゃって…」と自然にLINEを続けることができます。

また、自分も相手もLINEを我慢する気持ちが”好き”という気持ちを大きくします。

【3】長文は送らない

好きな人とLINEを続ける7つの基本テクニック

LINEはメールと違ってメッセージ履歴が一目でわかるので、より本当の会話に近い形でやり取りができます。

用件を詰め込んだ長い文章を送るより、短い文章を送り合ったほうが単純にやり取りの回数を増やすことができるから会話が楽しく感じるはず。

長文は読む気も失せてしまったりするので、案外メリットがなかったりします。

【4】「?」マークで質問をし過ぎない

好きな人とLINEを続ける7つの基本テクニック

質問攻めすると疲れてしまうので絶対NG。むしろ、疑問形はなるべく使わないほうがいいです。

本当に「?」を使って聞きたいことがある時だけにしましょう。

【5】次連絡する約束をしちゃう

好きな人とLINEを続ける7つの基本テクニック

どこかの会話をきっかけに、「じゃそれがわかったら連絡するね!」とか「また(いついつ)に連絡するね!」など、こちら側から連絡する流れを作っちゃいましょう。

期日などが明確になっていれば、確実にまたLINEを送ることができます。

LINEがいつ来るかわからないと不安になることもないし、その日が楽しみになりますね。

【6】返信間隔は空気を読んで

好きな人とLINEを続ける7つの基本テクニック

返信間隔はなるべく空けたほうが良いという記事をよく見ますが、全てにおいてこれが当てはまるわけではありません。

会話が盛り上がっている時や何か約束事をする時などは、なるべく早く返信すべきです。相手が今LINEに集中できる時はこちらもLINEに集中した方が良いということです。せっかく盛り上がっているのに、わざと間隔を開けてしまうと相手の熱が冷めてしまうかもしれませんよ。

難しい判断だと思っている人は、こちらの記事も見ておいてください。

【7】自分からLINEを止める

好きな人とLINEを続ける7つの基本テクニック

LINEを止めるのが毎回相手からというのは避けましょう。LINEを続けたい気持ちをグッと堪えてある程度のところで自分からLINEを止めることも必要です。

「あれっ?返信来ないな」「今日はLINE来ないのかな」と、少しでも相手に自分を気にさせることが重要!

LINE止まるor止める(数日後)LINE送るor来るLINE止まるor止める(数日後)LINE送るor来る・・・。

というような流れができあがって、気付いたら毎日LINEしてる状態になっていたら、お互いの気が向き合っていると信じていいと思います。

LINEはあくまで会話だからね!

相手が好きな人だと、ただLINEをするだけなのにすごく慎重になってしまうのは当然です。それだけ好きという気持ちが強いということなので、とても素敵なことだと思います。

様々な不安や期待があると思いますが、LINEはあくまで文字で会話ができるという手段に過ぎないので、上記のテクニックを参考にしつつも変に戦略的にならず自分のペースでLINEすることを心掛けてみましょう!

LINEの使い方&トーク術 完全まとめ

こんな記事も読まれています!


関連記事

新着記事一覧

人気記事ランキング

ページ上部へ戻る