男性が女子とのLINEに飽きた瞬間6パターン!LINEに飽きたときに出る態度とは?

公開日:
LINEやりとり

この記事を執筆・監修した人

編集長プリプラ編集長

プリプラの編集長。これまで様々なwebサイトで1万を超える記事を作成してきたライター実績。あらゆるジャンルで多彩な知識を持つ。

記事一覧

好きな男性とLINEを続けていると、どこかで「私とのLINEに飽きてないかな」「もしかして飽きられたかも・・!?」と不安になる瞬間があると思います。

では、男性が女子とのLINEに飽きる瞬間とは一体どんな時でしょうか?

LINEが飽きられなようにする方法と含めてチェックしてきましょう。

男性が女子とのLINEに飽きた瞬間

上手くいかない女子

【1】返信が来ない

男性はLINEが面倒になると全く返信しないことがあります。自分では会話が続いてると思っていても、男性自身が勝手に終了させてしまうのです。

ただし、元々LINEのやりとりが好きじゃない男性がそれなりに多いのも事実。また、1回返信が来ないだけでは単純に返信を忘れているだけの可能性もあるので、複数回これが続いたらLINEに飽きているのかもしれません。

【2】返信が極端に遅い

LINEの返信が1日に1~2通など極端に返信頻度が遅い場合も注意。本当に学業や仕事が忙しい場合もあるので一概にアウトだと判定することはできませんが、返信頻度が遅いということは返信の優先度が低いという捉え方もできます。

【3】短文が多くなった

LINEのやりとりが続くにつれて文章に変化が起きたら飽きている可能性が高いです。文章が明らかに短くなったり、リアクションが適当になったりするとアウトですね。

【4】絵文字・顔文字が減った

自分の感情を表す絵文字や顔文字などが明らかに減ってしまう場合も飽きていると言っていいでしょう。普段から使わない人であれば気にすることはありませんが、いつも絵文字や顔文字を多用する人が使わなくなるのは良くない傾向です。

【5】スタンプだけの返信が多い

男性は返信が面倒になるとLINEスタンプに頼ることがあります。LINEスタンプは素っ気ない返信で相手を傷つけずに済むし、ボタン1つで返信が済むため非常に便利なのです。何度質問しても毎回位スタンプだけで返信が来る場合は面倒だと思われている可能性があります。

【6】「おやすみ」が早い

まだ大してLINEを続けていない状態、まだそこまで夜遅くない時間帯(21時~22時くらい)に「じゃ寝るね。おやすみ。」とLINEが来てしまった場合は、強制的にLINEを切り上げられてしまった可能性があります。LINEを続けたいのに本当に寝落ちするくらい眠い場合は、「ごめん。寝ちゃった。」と翌朝LINEが来るパターンが多いですからね。

LINEが飽きられなようにするには?

LINEする女性

【1】適度な返信速度

ある程度LINEのやりとりを続けていると相手のリズムがわかってくると思うので、相手の生活リズムに合わせて返信することを心掛けましょう。

常にすぐ返信するのではなくて、この時間帯は早めに、盛り上がっているときは早めに。逆にどうでもいい会話のときは時間を置いて、この時間帯はなるべく返信しないでおこう。こういった適度な返信速度をすると相手もLINEのやりとりがとても気楽です。

【2】毎日LINEしてはいけない

毎日LINEしたくても我慢です。LINEしない日を作ることで男性に不安を与えるくらいになるとその後の展開は有利だし、男性側に「あれっ?返信来ないな。」と思わせるくらいの余裕があるといいですね。

【3】会話に詰まったら一旦ストップする

自然に会話が続いてるならいいですが、「なんて送ろう?」「どんな会話しよう?」と迷ったら一度LINEをストップしましょう。「おやすみ」「また連絡するね」とLINEを切ってください。

後日、会話のネタができたとき、デートの約束をしたいとき、彼に用事があるときに改めてLINEしましょう。それが【2】の改善にも繋がります。もしかしたら彼の方からLINEが来る嬉しいパターンもあるかもしれません。

まとめ

LINEする男性

好きな男性とLINEをできるだけ長く続けたい気持ちはとても良くわかりますが、マメじゃない男性ほどLINEのやりとりは面倒だと感じています。

LINEのやりとりが面倒だと感じてしまうと、それは時間の問題であなたのことが面倒くさいと連想してしまう恐れがあるので注意しましょう。



関連記事

ページ上部へ戻る