好きな男性とのLINE「すぐに返信」か「間隔を空けるか」の使い分け方

公開日: 更新日:
line-interval

気になる彼とのLINE。ワクワクドキドキな会話を楽しみつつも、気になってしまうのがLINEのやり取りにおける返信間隔。

「早く返したいけど、やっぱり返信間隔は空けた方がいいのかな…。」「あんまり早く返すと暇だ思われるかな?」「彼も忙しいよね…。」様々な心配があると思います。

でも、もう大丈夫!

好きな男性とのLINEのやり取りで、すぐ返信した方が良いのか、間隔を空けた方が良いかの使い分け方をチェックして、今後のやり取りの参考にしてみてください!

即返信した方が良いパターン、間隔を空けた方が良いパターンでそれぞれ紹介していきます。

すぐ返信した方が良いパターン

気になる男性とのLINEで即返信か間隔を空けた方が良いかの使い分け方

会う約束を決めている時

デートなど会う約束をする時は、絶対早く返信しましょう。

ここで無駄に返信間隔を開けてしまうと、最悪の場合デートの約束が流れてしまう可能性まであります。グダるともったいないです。

用件が明確な時

例えば「今日の夜何してるの?」とか「今週末は何か予定ある?」とか、用件が明確な時はすぐに返信しましょう。

これはあなたの予定を確認しているパターンで、早く返信しないと彼に別の予定が入ってしまい、もしかしたら会う約束をしようと思っていたのに取りこぼしてしまう可能性も考えられます。

すぐに「既読」が付いた時

送信したメッセージにすぐ既読が付くということは、相手もあなたとのLINEに集中できているということ。余計なことは考えず普通にその流れでLINEを続けましょう。

会話が盛り上がっている時

バシバシ会話が盛り上がっている時は、そのノリでどんどんLINEを続けてOK。せっかく盛り上がっているのに返信間隔を開けてしまうと会話の熱が冷めてしまいます。

では、続いては間隔を空けた方が良いパターンです。



間隔を空けた方が良いパターン

気になる男性とのLINEで即返信か間隔を空けた方が良いかの使い分け方

日常的な会話の時

特に用件もない日常的な会話の時は自分のペースで返信すればOK。

変に焦って返信を急ぐと、内容が無い会話が続くので、逆に会話が盛り下がって飽きられる可能性があります。

彼が忙しい時

彼がバイトの時、仕事中の時など忙しいとわかっている時は慌てて返信する必要はないです。相手に気を遣わせて急かしてしまうかもしれません。

彼のペースに合わせることを意識しましょう。

夜遅い時間帯

寂しく感じてしまうとしても、夜遅くなってきたら返信は控えましょう。自分も相手も寂しいと感じるぐらいがちょうどいいんです。

敢えて「おやすみ」は言わず寝たことにして、明日の朝返信してください。

やり取りが多いなと感じたら

ちょっと今日は彼とLINEし過ぎかなと感じたら少し休憩を入れましょう。いくら顔を合わせていないとはいえ、一日の中でもきちんと距離を取ることも必要です。

まとめ

気になる男性とのLINEで即返信か間隔を空けた方が良いかの使い分け方

LINEのやり取りは一種の駆け引き。どうしても返信間隔を空けるか悩んでしまうのも当然です。

LINEの返信間隔を遅くすることで「相手に自分のことを気にさせる」すなわち「相手に自分を追わせる」ことができるのは確かですが、LINEの返信間隔ごときで二人の優劣関係は決まりません。結局は好きな気持ちが強い方が弱くなってしまうのです。

そこまで好きな気持ちがあるなら素直に好きな気持ちを表現することの方が大事です。

好きな人とするLINE。この記事を参考にして楽しんでくださいね!

LINEの使い方&トーク術 完全まとめ

こんな記事も読まれています!


関連記事

新着記事一覧

人気記事ランキング

ページ上部へ戻る