男とLINEが続かない女子のメッセージの特徴6パターン!スタンプに頼っちゃダメ!

公開日: 更新日:
男性とLINEが続かない女子

この記事を執筆・監修した人

編集長プリプラ編集長

プリプラの編集長。これまで様々なwebサイトで1万を超える記事を作成してきたライター実績。あらゆるジャンルで多彩な知識を持つ。

記事一覧

気になる男性とLINEをしてもどうも長続きしない、返信が途切れてしまうことに心当たりのある女性は少なくないのではないでしょうか。

そこには、相手男性がLINEを面倒だと感じてしまったり、何を送ったらいいのかわからなくなっているのかもしれません。

この記事では、男性とLINEが続かない女子のメッセージの特徴を紹介します。一つでも該当する場合は、以後そのようなメッセージを送信しないように注意してください。

男性とLINEが続かない女子のメッセージの特徴

女子

【1】LINEスタンプに頼りがち

自分が返信に困ると、ついLINEスタンプに頼ってしまうのはLINEが止まってしまう大きな原因のひとつ。LINEスタンプは「OK!」「了解」など返事しやすい反面、相手にとってはそこでLINEを切る非常に良いきっかけになってしまうのです。そこで会話がストップしてしまうので、もっとLINEをしたくても次の会話を切り出しづらいのです。

LINEスタンプを使うなら、LINEスタンプの後に自分から何か話題を追加するといいですね。

【2】相手の質問を返さない

例えば相手がメッセージの最中に「今日の予定は?」と聞いたとしましょう。相手が質問をしているのに、つい自分の話したいことばかりが先行してしまい、結局質問の答えが返ってこないというのは女性には多いです。同じことを2回も聞くのは面倒だし、相手が『もういいや』となってしまう可能性があります。また、それを何回か繰り返していると男性は非常にストレスです。

【3】挨拶だけで終わっている

例えば「おはよう」「お疲れ様」「ただいま」だけLINEしても相手は同じことを繰り返すことしかできません。そこに会話の発展はありません。こちらも挨拶の後に何か話題が欲しいですね。

【4】会話の内容がネガティブ

せっかくLINEをしているのにメッセージの内容が仕事の不満、同僚の愚痴、友達の愚痴、上手く行かない自分への愚痴ばかりでは聞かされている男性の気分も下がってきます。明らかにめんどくさいです。こんな女性とはLINEを続けたいと思わないでしょう。相談と愚痴は全く違います。そこを勘違いしないようにしたいですね。

【5】返信が極端に遅い

いくら仕事や学業が忙しくても、LINEの返信が極端に遅い(返信が2~3日後)だと、男性もLINE熱が冷めてしまったり、これまで送った内容を覚えてなかったりするので続きづらいです。また、返信が遅いイコール興味なしを判断してしまうこともあります。

【6】結局意味のない質問

例えば「今何してる?」「元気してる?」というメッセージ。これから飲みに行こうとか誘いがあるならまだしも、『暇してるよ』『元気だよ』と返信しても「そうなんだ」「なら良かった」など結局意味のない質問はこれ以上話題の発展のしようがありません。男性に何かアクションを起こして欲しいにしても、男性側にはその意図は伝わりません。

まとめ

相手に話題を振って欲しい、相手に何かアクションを起こして欲しいという意図はあまり伝わらないものです。自分が会話に困ったから相手にパス。それもLINEが途切れてしまう原因です。

LINEはあくまでも会話です。相手の表情が見えないからこそ遠慮せず言えることもあるはずです。LINEだからこそできるメリットを活かして自然な会話を心掛けましょう。

一緒に読みたい記事



関連記事

ページ上部へ戻る