【テンプレ付】男性に食事を奢ってもらった後のお礼LINEの送り方!文章の構成手順!

公開日:
ogori-orei

男性に食事を奢ってもらったあとに送る”お礼LINE”はとても重要です。また次も奢ってもらえるのか、次も誘ってもらえるか懸かっていると言っても過言ではありません。

この記事では、好きな人、先輩、パパ活、男友達。どんな男性にも通用する、食事を奢ってもらったときのお礼LINEの送り方を紹介します。

難しく考える必要はありません。文章の構成さえ掴めばすごく簡単です。早速確認していきましょう。

お礼LINEの文章構成を抑えよう

男性に食事を奢ってもらったときのお礼LINEの送り方

まずは文章の構成です。以下、3つの要素を抑えましょう。

①お礼の言葉
②お店・料理の感想
③〆の言葉

では、それぞれどのような内容になるのか解説していきます。

お礼LINEの文章構成の詳細

※句読点や絵文字・顔文字を入れるのは自由です。

①お礼の言葉

まずは食事を奢ってもらったことについてのお礼を一番はじめに。「ごちそうさまでした」と「ありがとうございました」この2つの言葉は必須です。

例文
今日はありがとうございました。ごちそうさまでした。

お礼の言葉はこのようにシンプルでOK。重要なのは次です。

②お店・料理の感想

男性はあなたに喜んでもらいたくて食事を奢っているわけなので、食事をしたお店と料理をとことん褒めましょう。ポイントは「店」と「料理」両方を褒めることです。

例文
あんなに素敵なお店初めて行きました!お肉もすごく美味しかったしすごく幸せでした。

あんなお店知ってるなんてさすがですね!すごくおしゃれな雰囲気がすごく好きです。今まで食べたお肉の中で一番美味しかったです。

また、男性は「こんな体験初めて」「今までで一番」といった特別感を出すとすごく喜びます。感想としての効果は抜群です。

例文を完全にマネする必要はありませんが、「店」と「料理」両方を褒めること。特別感を出した感想。この2つを意識してみてください。

例文はポイントだけを抑えた簡易的なものになっているので、あなたらしく可愛くてテンションが上がっているような文章を作ってみましょう。

③〆の言葉

〆の言葉で重要なことは、また次も行きたいという希望を伝えることです。

例文
またおすすめのお店があったら紹介してください。

(会話の中で)今日○○さんが言ってたお店にも行ってみたいです。

私で良ければまた誘ってくれたら嬉しいです。

こんな感じでいいでしょう。

くれぐれも「また奢ってください」とか「次はお寿司がいいです」と図々しい言い方にならないよう注意。これまでの文章が一気に台無しになります。ここでのポイントは謙虚さです。

そして最後に「おやすみなさい」などで〆れば完成です。

また奢りたいと思わせること

男性に食事を奢ってもらったときのお礼LINEの送り方

食事を奢ってもらったときのお礼LINEは、男性に感謝の気持ちを伝えることが本来の目的ですが、このように男性を喜ばせることも重要です。それが男性の「また奢りたい」という気持ちに繋がります。

一緒に読みたい記事

・二度と食事をおごりたくない女性の特徴8パターン


こんな記事も読まれています!


関連記事

新着記事一覧

人気記事ランキング

ページ上部へ戻る