小食女子への男の本音!小食女子が男から印象が悪い理由

公開日:
shoushokujoshi

男性と一緒に食事に行った時「小食の方が可愛いかな」と思って全然食事に手を付けない女性のみなさん、それは大間違いです!

普通に食べたいだけ食べる方が好印象なのです。

では、なぜ小食女子より食べる女子の方が好印象なのでしょうか?

そこにはこんな理由があります。

小食女子のここが嫌だ!

たくさん食べる女子の方が好印象

食事が全く楽しくなくなる

男性側も女性に美味しいモノを食べて欲しくて一緒に食事に行っているのに、全然食べてくれないのでは意味がありません。結局自分しか食べてないじゃんと虚しい気持ちになってしまいます。その食事はもう全く楽しくないです。

もし、それが男性が誘ったおごりの食事なら尚更ガッカリ感が強いです。

男性は女性の「美味しい」というリアクションが素直に嬉しいんです。

女性側だってせっかく作った手料理を男性が全然食べてくれなかったら嫌ですよね?それと同じ気持ちです。

食べてる姿が可愛いのに

勘違いしている人が多いですが、男性は女性の食べない姿が可愛いんじゃなくて、食べてる姿に可愛いと感じるんです。

また、全然食べない子より、食べる子の方が健康的だと感じます。

これが男の本音!

たくさん食べる女子の方が好印象

リアクションが欲しい

男性は女性の「美味しい」というリアクションが素直に嬉しいと紹介したように、美味しいモノを食べた時のリアクションって大事なんです。

自信を持って薦めたものに全然リアクションがないと、「普段からこういうの食べてるのかな」とか「口に合わないのかな」と結構気を遣ってしまいます。

でも、満面の笑みで「美味しい^^!」というリアクションを見ると「もっとご馳走してあげたいな」と思うし、そこから純粋な素朴さを感じ好印象なのです。

でも、食べ過ぎには注意

たくさん食べる女子の方が好印象

ただ、あまりにも食べ過ぎると逆に引かれてしまうので、食い意地を張ったり、フードファイト的な量を消化するのは控えましょう。好きなだけと言っても適度が大事です。

このように、今まで男性と食事行った時に無理して小食女子を演じていた人は今すぐ直しましょう。美味しいものが食べれるし、好印象だし良いことづくしです!

こんな記事も読まれています!


関連記事

新着記事一覧

人気記事ランキング

ページ上部へ戻る