男が好きな女子と女友達に送るLINEの違い8パターン!これは好きな子にしかしない

公開日: 更新日:
sukinajoshi-tomodachi-linechigai

この記事を執筆・監修した人

編集長プリプラ編集長

プリプラの編集長。これまで様々なwebサイトで1万を超える記事を作成してきたライター実績。あらゆるジャンルで多彩な知識を持つ。

記事一覧

女性のみなさんも好きな男性とただの男友達に送るLINEの内容や対応は全然違うと思いますが、男性にだって当然それはあることです。好きな女子にしかやらないことがたくさんあります。

それでは、男が好きな女子と女友達に送るLINEの違いって一体何でしょうか?

好きな女子と女友達、それぞれで態度の違いを解説していきましょう。

あなたが気になる彼はどっちの態度を示してるかチェック!!

男が好きな女子と女友達に送るLINEの違い

男が好きな女子と女友達に送るLINEの違い

【1】すぐに既読にする

好きな女子

LINEが待ち遠しいものなので、当然既読が付くのは早くなります。敢えて時間を置くこともありますが、好きな女子のLINEはすぐにでも開きたいものです。

女友達

自分のペースでLINEをするのでわざわざ既読が早まることはありません。最悪の場合、どうでもいいから見ないパターンまであります。

【2】絵文字・顔文字が増える

好きな女子

もちろん男性によって絵文字・顔文字を使う量の差はありますが、全体的に絵文字・顔文字を使う量は増えます。気分やテンションが上がっているわけですからね。

普段全く使わない人が使うというのが一番目に見えてわかりやすいかもしれませんね。

女友達

使わない人は全く使わないし、使う人はいつも通りです。わざわざ増えることはありません。

【3】スタンプは減る

好きな女子

好きな女子に対してはスタンプの量は減ります。スタンプで会話の流れを止めたくないんです。

LINEのスタンプというのは、メッセージの代わりに返事をしたり、リアクションをするために使うことが多いので、好きな子にはきちんとメッセージで返事やリアクションをしたくなるのが一般的です。

女友達

文章を入力するのが面倒なので、返事やリアクションはスタンプですることが多いです。

【4】質問が多くなる

好きな女子

好きな人のことを知りたくなるのは当たり前のこと。会話を広げたいという目的もあるので、当然質問は増えてきます。

女友達

女友達には必要なこと以外、わざわざ質問するようなことはありません。

【5】ボケや冗談にはツッコミを入れる

好きな女子

会話を盛り上げるという点でも、女子が少しでも冗談を言ったり、ボケを入れてくれば確実にツッコミます。どんな小さなことでも拾います。

女友達

基本的にはツッコミはおもしろいものだけ。もしくは流すのどっちかです。

【6】相手に同調する

好きな女子

好みにはなるべく合わせたいので、「それオレも好き!」「確かに!それわかる!」「オレもそこ行きたいと思ってた!」など、何事に対しても同調します。思ってなくても同調したりします。

女友達

本当に好きなことじゃないと同調しません。「いいんじゃない」「そうかもね」くらいの言葉で終わることも多々。

【7】写真を送る

好きな女子

写真を撮って見せたいものがあれば、好きな人に真っ先に送りたいものです。女性がインスタに写真を載せて「いいね」が欲しいと感じる行動に似ています。男性の場合は、不特定多数よりも好きな人の「いいね」という言葉の方が嬉しかったりします。

それがウザイ、ウザくないかはここでは置いといて、このパターンでは相手の男性が写っているというのが多いパターンです。みんなでバカやってる姿とか、海で水着姿で筋肉を見せてるとか、良い感じの風景に自撮りとか。

女友達

わざわざ報告することはないので、個人的に写真を送ることはないでしょう。

【8】「おやすみ」を言う

好きな女子

寝たことにして翌日LINEを続けるパターンが多いですが、その日の夜LINEを途切れさせる場合は「おやすみ」という言葉を最後に付けます。

「おやすみ」というワードは特別で、好きな女子じゃないと男性はなかなか使う言葉ではないのです。

女友達

メールが途切れる場合、男性は「じゃ明日学校で!」「また来週会社でね!」で終わらせるので、「おやすみ」というワードが最後にくることは少ないです。

それこそ勝手に寝てそのままLINEのやりとり終了というパターンも日常茶飯事です。

まとめ

男が好きな女子と女友達に送るLINEの違い

男性も人それぞれLINEに対する向き合い方が違うので、どれか一つでも当てはまったら「好きな女子」ではないと言い切れませんが、複数当てはまるようあればその可能性はかなり薄いかもしれません。

下記にある”一緒に読みたい記事”も是非読んでみてください!!

一緒に読みたい記事


こんな記事も読まれています!


関連記事

新着記事一覧

人気記事ランキング

ページ上部へ戻る