クリスマスに好きな人をデートに誘う方法6パターン!成功率の高いLINEの仕方とは?

公開日:
クリスマスの町並み

この記事を執筆・監修した人

編集長プリプラ編集長

プリプラの編集長。これまで様々なwebサイトで1万を超える記事を作成してきたライター実績。あらゆるジャンルで多彩な知識を持つ。

記事一覧

もうすぐやってくるクリスマス。カップルにとっては一年に一度の最大級に楽しみなイベントですが、まだ彼氏がいない女子や現在彼にアプローチ中の女子にとってはかなり焦る時期。

クリスマスは好きな人と一緒に過ごしたいけど、彼から誘いを待ってるだけじゃダメ。自分から動かないと・・!!でもどうやってクリスマスデートに誘ったらいいかわからない・・。

そんな女子のためにこの記事では、クリスマスに好きな人をデートに誘う方法を紹介します。

彼にクリスマスの予定が無い限り、かなり成功率の高いテクニックになっているので是非参考にしてみてください。

女子から誘っても引かれない?

迷う女子

女子からクリスマスデートに誘っても引かれる心配はありません。もしも断られてしまったときのショックや不安はもちろんありますが、だからといって気まずくなる必要はありません。

むしろ、男性側も本当は誘いたいのに誘う勇気が無かったり、待ちに回っている可能性も十分考えられます。

自分が実現したいことは自分から行動しないと実現しません。余計なことは考えずに、まずは行動してみましょう。

クリスマスに好きな男子を誘う方法

楽しい女子

【1】飲みに誘う

これはすごく使いやすいですよ。クリスマスにお出掛け・デートに誘うと、いくら誘われた側だとはいえ男性側にすごくプレッシャーがかかってしまいます。そこを「飲み行こう」と誘うだけで一気にハードルが下がって気軽にOKを出しやすくなります。

誘い方の例
「来週の○曜日(※クリスマス)飲みに行かない?」

「バイト無くなっちゃって」とか「女子会が無くなっちゃって」みたいな下手な嘘を入れる必要もないです。このようにシンプルに誘えばOKです。ポイントはクリスマスや24日・25日というワードを出さずに曜日で誘うこと。いつものような気軽感を出しましょう。男性側が『えっ、この日クリスマスじゃん』と勝手に気付いてくれます。あとは返事待ちです。『この日クリスマスじゃん』と言われたら「そうだね」「別にいいじゃん」と平然を装って約束を進めましょう。

【2】イルミネーションに誘う

女性から○○に行きたいと指定があると、男性はその誘いに乗るだけなので非常に返事をしやすいです。単純にイルミネーションに行きたいと誘うのではなく、具体的な場所まで指定する方がいいでしょう。

誘い方の例
「来週の○曜日(※クリスマス)東京ミッドタウンのイルミネーション見に行かない?」
「再来週の○曜日(※クリスマス)東京ドイツ村一緒に行かない?」

これも【1】と同じくクリスマスや24日・25日というワードを出さずに、サラッと誘う方がいいですね。

【3】クリスマスプレゼントを渡す

好きな男性にクリスマスプレゼントを用意して、それを渡す目的で会う約束をしてみましょう。

誘い方の例
「渡したいものがあるんだけど25日空いてる?」

これはクリスマスや24日・25日というワードを出してもOKです。ただし、クリスマスプレゼントを渡したいといのはNGです。彼もクリスマスプレゼントを用意しなければならないのかと思ってOKが出るハードルが上がってしまいます。彼の方でクリスマスプレゼントかな?と勘付く可能性は高いですが、クリスマスプレゼントと自分から言うのはダメです。

もし、彼から『クリスマスプレゼント?笑』みたいな返信があっても、「秘密」とか「いつもお世話になってるお礼」と言ってごまかしましょう。いざ直接渡すときにはクリスマスプレゼントと言ってOKです。脈ありの場合は、当日か後日にお返しがあるでしょう。

【4】日付指定のあるイベントに誘う

24日~25日に実施されるイベントに彼を誘ってみましょう。フェスでもライブでもテーマパークでも何でもいいです。彼が好きそうなイベントなら成功率さらに上がります。

誘い方の例
「24日に○○でイベントがあるんだけど一緒に行かない?」
「25日にやる○○のチケットあるんだけど一緒に行かない?」

それがたまたまクリスマスでしたという口実ができるので、かなり自然に誘うことができます。

【5】ストレートに誘う

余計な戦略は立てず、ストレートに誘うのも効果的です。

誘い方の例
「クリスマス予定空いてる?」
「クリスマス会いたいんだけど・・」
「クリスマス一人で寂しいから一緒に居て欲しい(´;ω;`)」

一番気持ちが伝わってわかりやすいです。

【6】友達と一緒に出掛ける

1対1のデートが恥ずかしい場合や、デートに誘う勇気が出ない女子は、友達も巻き込んで2対2や3対3の複数人で遊びや飲みに誘ってみましょう。ガチ感が薄れるので、こちらも非常に誘いやすいです。また、彼が男同士で先約が入ってしまっている場合でも、みんな一緒に遊ぶことで状況を覆せる可能性があります。

誘い方の例
「24日Aちゃんたちとクリスマスパーティーしない?」
「25日いつものメンバーで○○に行かない?」

特にクリスマスパーティーという言葉は便利ですね。デートとは言えないかもしれませんが、彼と一緒に過ごすことはできます。もしかしたらクリスマスパーティー後に二人っきりになれるチャンスがあるかもしれません。

ただし、この方法はクリスマスに予定が無い女子を先に確保する必要があります。

誘うタイミングはなるべく早めに!

クリスマス

なお、クリスマスにデートに誘う方法を習得しても、肝心の彼に予定が入っているのでは意味がありません。彼女がいなかったとしても、男同士で予定を入れてしまっていたり、バイトや仕事が入ってしまう可能性もありますよね。

彼のクリスマスの予定が埋まってしまう前に、なるべく早めに誘ってみましょう。

一緒に読みたい記事



関連記事

ページ上部へ戻る