動物園デート女子の持ち物リスト10選!動物園に必須のアイテムはこれ!

公開日:
動物園デート

この記事を執筆・監修した人

編集長プリプラ編集長

プリプラの編集長。これまで様々なwebサイトで1万を超える記事を作成してきたライター実績。あらゆるジャンルで多彩な知識を持つ。

記事一覧

入場料が非常に安く、とてもリーズナブルに楽しめるデートスポット動物園。普段は出会うことができない動物を触れ合っったり、エサやりができたり、様々な体験を彼と一緒に楽しむことができます。

そんな動物園デートをさらに楽しく、そして安心して過ごせるように、この記事では動物園デートにおける女子の持ち物リストを紹介します。

これから動物園デートを控えている人は是非参考にしてみてください。

動物園デート 女子の持ち物

動物園

【1】ウェットティッシュ

動物園では屋外でフードを食べる機会が多くなります。手が汚れてしまったときのためにウェットティッシュを持っておくと安心です。

【2】ハンドタオル

動物を触れ合ったあとは大抵付近に手を洗える場所があります。さすがに乾燥機までは置いていないので、ハンドタオルは必ず持参しておきましょう。

【3】コインケース

動物園は非常にリーズナブルで遊べるのもポイント。いちいち取り出すのが面倒な財布とは別にコインケース(小銭入れ)があると便利です。エサやり(100円)やちょっとしたアミューズメントを楽しむときにも大活躍です。

【4】ビニールシート

動物園はちょっとしたピクニックを楽しむことができます。普通にレストランやフードコートに入って食べるものいいですが、混雑しているときや天気が良い日はビニールシートを敷いてあえて屋外で食べるのもおすすめです。人が3人くらい座れる広さがあるといいですね。ちょっとした休憩にも最適です。

【5】おやつ

ちょっとした休憩中や小腹が空いたときのためにおやつを持っておきましょう。ポテトチップスなどの大袋系のお菓子は荷物がかさばるので、コンパクトに収まるパッケージのお菓子がおすすめです。

【6】ビニール袋

ゴミ袋としてビニール袋を1枚持っておくと便利です。動物園内にもゴミ箱はありますが、近くにないときや一度ゴミをひとつにまとめたいときはかなり便利。そこまで大きなサイズは必要ないです。

【7】水筒

夏は自動販売機の冷たいドリンクが売切れていたり、まだ入れ替えてばかりで冷えてないドリンクを買ってしまうことがあります。冬場ならホットで同じことが言えます。こちらも軽いサイズのもので良いので水筒があるといつでもどこでも冷たい(or温かい)ドリンクを飲むことができます。

【8】腕時計

動物園にはタイムスケジュールに沿ってイベントを行っているところも多いです。見たいショーやイベントを逃さないように、時間をいつでも確認できるように腕時計をしておきましょう。スマホをいちいち取り出すのは面倒だし、落下して画面が割れてしまうリスクを高めます。

【9】自撮り棒

動物をバックに写真を撮りたいときは自撮り棒があるとかなり便利。こちらの意図した通りに動物はそこに居てくれません。シャッターチャンスを逃しにくくなります。

【10】モバイルバッテリー

移動時間を含めて明らかにスマホの充電が心配なときは持っておいたほうがいいでしょう。あまり大きいと荷物が重くなるので、充電1回分くらいのサイズがベスト。

季節限定で持っておきたい持ち物

馬

・虫除けスプレー
動物園は野外スポットです。緑もたくさんあるので、どうしても虫がいます。虫除けスプレーを持っておきましょう。

・帽子
真夏の時期は日差しがかなり強いので帽子はかぶっておいた方が良いでしょう。

・日焼け止め
こちらも紫外線対策に必ず持っておきましょう。動物園は外にいる時間が非常に長くなります。

・塩飴
熱中症対策として塩飴があると安心です。1袋持って行く必要はないので、個別で2つ~3つ取り出して持っておきましょう。

・ホッカイロ
冬場の野外はとても寒いです。張るホッカイロで寒さ対策するのもいいですが、持ち歩くタイプのホッカイロも持っておきましょう。もちろん彼の分も忘れずに用意です。

・手袋
冬場は長時間外にいるとかなり手が冷えます。手袋があるとだいぶ違います。

まとめ

モルモット

季節によって持ち物も多少変わりますが、動物園は野外デートスポットだということを頭に入れておきましょう。夏は暑いし、冬はとても寒いです。

また、滞在時間や移動時間も含めるとかなり長時間外に居ることになることも覚えておきましょう。

すると必然的に持ち物も決まるし、動物園に着ていく服なんかも決まってくることでしょう。



関連記事

ページ上部へ戻る