ダイソー『超音波式ミニ加湿器(うさぎ)』を使ってみた感想!コンパクトでもしっかり加湿する!

公開日:
daiso-kashitukiusagi

ダイソーで販売している可愛いミニ加湿器。めちゃめちゃ安かったけど、実際のところ効果はどうなのか気になりますよね?

私も気になっていたのですが、ようやくゲットできたので使ってみました。

この記事では、ダイソーの超音波式ミニ加湿器(うさぎ)を使ってみた感想レビューを紹介します。

ミニ加湿器(うさぎ)

セット内容

価格 500円(税抜)

めっちゃコンパクトなのにタンク容量230mlと意外と容量大きめ。連続稼働時間は4時間!

タイマーもあり、タンクに水がなくなったら自動的に停止する機能も付いています。

セット内容

  • 本体
  • USBケーブル
  • 吸水芯2本

吸水芯は、すでに一つ本体にセットしてありました。

使い方

USBケーブルを接続。PCに接続しても使えるので会社のデスクでも活躍できそう。

加湿器として使う

スイッチを短く押す

加湿器

スイッチは、本体に一つだけ。スイッチの押す長さで切り替えられます。

スイッチを短く押すと加湿器のみスイッチON。

初めて使う時は、なかなか蒸気が出てこなかったので不良品かと思ったくらい。耳をすませると、機械が動いているような小さな音がしているのでそれで確認できました。説明書にも、「初めて使う時は蒸気が出るのに時間かかる」と書いてあったが本当に時間かかるので、スイッチONにして放置しときましょう。

ちなみに機械音は本当に小さな音なので、全然気になりません。むしろ寝室とか静かなところで、耳にあててやっと聞こえるくらい。

ライトとして使う

スイッチを長押し

ライト

ライトとして使いたい時は、長押し。電気がつくので、こちらはわかりやすい。強く光るわけではないので、ベッドサイドの明かりとしてちょうどいい明るさ。

加湿器+ライトとして使う

スイッチを短く押す+長押し

加湿器とライト

どちらかしか使えないのかと思ったが、2種類の異なった押し方をすれば両方使うことができました。長押しが先でも、どっちでも使えます。

蒸気の量

少し横に倒しても中の水はこぼれませんでしたが、フタにパッキンがついているわけではないので倒さないように気をつけましょう。

使ってみた感想

寝る前に水を満タンにして、加湿器をつけて寝ましたが使った水の量は半分くらい。5~6畳の小さな部屋なので、しっかりと加湿されていたように感じます。

蒸気の量

シューっとでる蒸気も、しっかりでていてビックリ。

リビングなど大きなお部屋には物足りなさを感じるが、寝室や子供部屋などの小さな部屋にはちょうどいいサイズ感。

可愛いので、息子の部屋にくじら型と娘の部屋にうさぎをもう一台買おうか検討中。加湿器を買おうか迷っている方、是非ダイソーのプチプラ加湿器を使ってみて!


こんな記事も読まれています!


関連記事

新着記事一覧

人気記事ランキング

ページ上部へ戻る